なおさら、勉強環境を!

小さな時から少年団にはいり、日毎練習の日々、そのため、勉強がおろそかに、周囲の子供たちの中には小さい頃から塾をめぐっている子もいたけど、思わず少年団に力が入り、塾には行かせませんでした。その後中学生になりましたが、アラ、前もって勉強の方が今一!まずいなと思いましたが、今度は部活と少年団のダブルで、さらに忙しく、私も仕事を始め、塾へ連れて行けず、取り敢えず、なんやかんや勉強をするきっかけを作ることができませんでした。スポーツでついに高校進学したのですが、一生のうちで、一番頭によるほうがよかったのではないかと思う時期をまんまとスポーツだけで終わりを迎えさせてしまい、後悔です。
サッと高校生になってしまい、勉強をする!という機会にかしこく、路線に乗せれなかった後悔をしています。今はやっぱ、自分で勉強をしなければいけないといった気がついて少しは行なってますが、小さい時からの習慣が大事だったな、といった考えられます。スポーツばかりで成功する人は数少ないです。一旦、面白く悠然と、ストレスなく育つのもいいですが、何とかある、脳みそ、たくさんたくさん使わせるべきであったと遅まきながら思う今日この頃です。http://festivalexpress.jp/

高校生からの付き合いで

私はハイスクールの位から付き合っておる旦那がいました。
旦那は考えが強くて、スポーツ癇も比較的あって、課程のタレントとも呼ばれたことがあるお客で、私には悔しいぐらいのお客でした。けど、時を重ねていくうちにグングン旦那の事が気になって、高一の夏休みの夏期授業が終わってから、同士に促されたこともあり、別に種目もまとまらないままに好きですってだけ伝えて。
ちっともダメだろうと思っていたのですが、旦那からの反応がまさかのYESで驚きました。そうしたらすぐさま夏休みも終わって、とにかくデートも出来ない通り新学期を迎えて、お互いに訓練が忙しくなって、時としてメールで連絡を取り合うぐらいのことしか出来ませんでしたが、私にとってはそういう何気ないことがツキでした。
そしたら秋になって、文化祭が始まり、訓練といった文化祭の変化で相変わらず両者ともバタバタしていました。けど、そのキャリアはさっさとでした。
その日も文化祭の準備をしてるという、急に旦那から電話のメールがあり、最近話せるかという内容だったので、一気に反応を通して、待ち合わせ場所に行きました。
久しぶりに見合う旦那にドキドキしながら伺うという旦那はうつむいた通り立っていたので、どうしたのか聞くと、別れてほしいという内容でした。
よもや、そんなことがあるとも思わず、突然の結果私もパニックになり、それからは大して覚えていません。
今では青春の土産ですが、その当時はキツくてキツくて、頭が張り裂けるってこの心地ですなと思いました。http://www.ceolink.jp/